このページの先頭です

既存のスマホで格安SIMを使う|SIMロック解除が不要なケース

89views

投稿日:

既存のスマホでも格安SIMが使えます

スマホ代を節約したいという悩みは切実なものだと思います。今までは大手キャリアでスマホを契約するのが普通でしたが手厚いサポートや大きな割引が魅力的な反面、ライトユーザーにとっては割高感が否めませんでした。そんな「必要最小限のサービスを思い切り安く使いたい」というユーザーの望みをかなえてくれるのが格安SIM(格安スマホ)です。

格安SIMとは月々のスマホ代を安く提供している会社のことで、格安SIMに乗り換えるだけで月々の料金をおよそ2000~3000円程度まで抑えることが可能です。格安SIMは大手キャリアと比較して差が出る部分とそうでない部分があります。まず、通信品質やエリアには差がありません。これは格安スマホがMVNOという形態をとっているからです。

MVNOとは大手キャリアの通信回線を使ってサービス提供を行っている会社のことですから、格安スマホの通信品質は大手キャリアと同じというわけです。次に、通信速度については大手キャリアに軍配が上がります。たとえ通信回線の質が同じでも格安SIMはその一部を借りているため回線量が異なります。そのため、通信が集中しやすいお昼休みには通信速度が遅くなってしまいます。他の時間は少し遅い程度で動画の閲覧も可能です。

そして、サービスについては端末保証やセキュリティーサービスが有料オプションとなります。また、通話料も格安SIMの方が若干高いため格安SIMはスマホ代を自分で管理できる人向けといえます。格安SIMへの乗り換えで忘れてはいけないのがSIMロックです。大手キャリアは他社への乗り換えをしづらくするために自社のスマホにSIMロックという制限をかけ他回線のSIMカードを使えなくしました。

もし大手キャリアから他社に乗り換える場合はスマホのSIMロックを解除しなくてはいけません。これは本来SIMフリーであるiPhoneも例外ではありません。キャリア版のiPhoneにはSIMロックがかかっているので忘れずに外しましょう。SIMロックを外すためには費用がかかり、本人でなければいけない場合もあります。したがってスマホを中古屋さんやオークションで購入する場合はSIMロックが解除されていることを確認してください。

SIMロック解除が不要なケースなら手間も値段も安く済む

既存のスマホで乗り換える上ではSIMロックを忘れずに行う必要がありますが、中にはSIMロックの解除が不要なケースがあります。SIMロックの解除が不要であれば手間もお金も節約できるため格安SIM選びで覚えておいて損はないはずです。

同回線の格安SIMに乗り換えた場合

分かりづらい説明のせいで勘違いされている方が多いのですが、SIMロックが制限しているのは契約する会社ではなく使える回線です。つまり、docomoで購入したスマホの場合はdocomo回線を使っている格安SIMで、auで購入したスマホの場合はauの回線を使っている格安SIMでそのまま使えるというわけです。現在はdocomoの回線を使用している格安SIMが多いのでdocomoのスマホユーザーの方が広い選択肢を持っています。しかし、au回線対応の格安SIMも増えてきているためauだからSIMロック解除が必須というわけでもありません。

Apple StoreでiPhoneを買った場合

Apple StoreでiPhoneを購入した場合はSIMロックがかかっていません。しかもiPhoneはそのままでdocomoとauの両方の仕様に対応していますから違う回線への乗り換えがしやすいです。Apple Storeは実店舗でもオンラインストアでもSIMフリーのiPhoneが買えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です