このページの先頭です

今使っているスマホのSIMロック解除して格安SIMを使う手順

79views

投稿日:

格安SIMならスマホ代を大幅に節約できる

格安スマホ、格安SIMはこんなに安い

スマホ代に7000円も払っているけど機能をすべて使っているわけでないという人は格安SIMに乗り換えるとスマホ代を大幅に安くできます。格安SIMはサービスを必要最小限に抑えて過度のキャンペーンを行わないことで大手キャリアの半額以下まで基本料金を落としたスマホのことで使う人でも基本料金は月に3000円ほど、ライトユーザーであれば1000円台に抑えることも可能です。もし2年契約したとすれば数万円規模の節約になります。

通信エリアには問題なし

安いから通信の質も悪いと思われがちですが格安SIMは大手キャリアの通信回線を借りています。つまり大手キャリアのスマホが使える場所では圏外になることはありません。また、理論上の速度も大手キャリアと一緒ですが保有している回線量によって通信速度はばらばらです。基本的には動画閲覧に困らない程度のスピードです。

でも、SIMロックはちゃんと解除しよう

かつてはスマホ会社の乗り換え=スマホの買い替えでした。しかし、格安スマホが登場してからは同じスマホを乗り換え先の会社でも継続して使うという選択肢もよく取られるようになりました。ここで、注意したいのがSIMロックです。SIMロックとは大手キャリアが自社を保護するために使っていたもので自社の回線のSIMカードしか受け付けないようにするものです。

しかし、消費者の自由な選択という観点からSIMロックが問題視されSIMロックの解除が義務化されました。大手キャリアで販売されているスマホはiPhoneのようにメーカーで買えばSIMロックがされていないものでもSIMロックされています。特にiPhoneユーザーはSIMロックを解除し忘れないようにしましょう。

今使っているスマホのSIMロックを解除して格安SIMを使う手順

docomoでSIMロックを解除する

SIMロックは大手キャリア各社のサイトにも方法が書かれています。まず、docomoは多くの格安スマホに使われているためdocomoのスマホユーザーはSIMロックの解除なしで格安SIMに乗り換えられるケースが比較的多いです。しかし、au回線も使えるようになりたいならSIMロックを解除しましょう。docomoのSIMロック解除は手数料が3000円かかります。本人確認が必要なので写真付きの身分証明書を持参しましょう。

ネットワーク利用制限やその他ロック機能がかかっていないことが条件です。また、利用料金を払っている実績も必要です。そして、購入日から100日以上経過していることと解約から100日間経過していないことが条件となります。よって、中古でdocomoのスマホを購入するときは解約100日以上であればSIMロック解除が不可能です。Mydocomoで申し込めば手数料は無料にできます。

auでSIMロックを解除する

auの回線を使った格安SIMは少ないため選択肢を増やすうえでもSIMロックの解除が推奨されます。基本的にはdocomoと同じですが、解約からの日数制限がありません。SIMロックの解除の可否も公式サイトから確認できます。

SoftBankでSIMロックを解除する

SoftBankでの手続きも手数料が3000円かかります。SIMロックを解除するためには購入から100日以上たっていてかつ解約から90日以内の端末に限られています。故障している端末や遠隔ロックされている端末もロック解除ができません。契約者本人に限るため中古やオークションでの購入前は絶対に確認しましょう。オンラインで手続きをし自分でSIMロック解除のキーを入力することも可能です。Y!mobileもSoftBankと同様です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です