このページの先頭です

格安SIMを既存のスマホで|SIMカードの取出し方と作業の注意点

81views

投稿日:

格安SIMでスマホ代を節約しよう

最近格安SIMや格安スマホという単語を良く聞きますね。乗り換えるだけでスマホ代が安くなるのはウソのような本当の話です。大手キャリアと比較しても月々の基本料金は半額ほどになります。もちろん、オプションをたくさんつけたり通話を長くすればスマホ代は高くなりますが、基本となるスマホ代は2000~3000円程度に収まります。格安スマホは基本的には無店舗販売をしていてネット上で購入します。

もし、店舗購入したい場合は家電量販店での購入が可能です。また、格安SIMには色々な業種の会社があるため、自社の店舗での格安SIM販売を行っているケースもあります。そのため、スマホの扱いに慣れている人はネットで購入し、スマホ初心者の場合は多少時間をかけても店舗での購入がおすすめです。格安スマホの安さはサービスの簡素さが理由です。店舗は必要最小限で無料通話分や端末保証サービスも基本料金外です。

また、大手キャリアのような大規模な割引も行っていません。したがって格安SIMは自分の付き合いたいサービスだけを選択してスマホ代を安く抑えられる選択肢なのです。ちなみに、通話料も大手キャリアに比べて高めなのでヘビーユーザーの方は注意しましょう。

通信エリアに関しては大手キャリアの回線を借り受けている性質上全く問題ありません。ただし回線量には限りがあるため混雑しやすい12:00~13:00の間は通信速度が遅くなりやすいです。それ以外の時間であればいつも通り使えます。

SIMカードを取り出すときも注意が必要です

格安SIMに乗り換える時はスマホを買い替えなくてもOKです。今のスマホが十分に使える場合はそのままSIMカードだけを入れ替えてしまいましょう。しかし、スマホはデリケートな機械なのでSIMカードを外すときも注意しなくてはいけません。

ピンを使うタイプのSIMカードを外す方法

スマホによっては細い針のようなものが付属している場合があります。これはピンと呼ばれるものでSIMカードを外すときに使われます。SIMカードの入っているトレイの横に小さな穴があるのでそこにピンを差し込むとトレイが出てきてSIMカードを入れ替えられるわけです。もし、トレイが出てこない時はピンの向きがずれているか力の入れ方が不十分であることが考えられます。

ピンを使ってSIMカードを外すスマホといえばiPhoneですが、最近はiPhone以外にもピンを使ってSIMカードを外す端末があります。ここで注意したいのがピンを紛失しないことですが、どうしてもピンが見つからない場合はゼムクリップを伸ばして差し込みます。

ピンを使わないタイプのSIMカードを外す方法

Android系のスマホにはピンを使わずにSIMカードを外せる端末が多いです。ピンを使うタイプと比較して道具に困りませんが、爪が短いなどの理由で作業に困ることがあります。

SIMカードを取り出すときの注意点

SIMカードを取り出すのは簡単ですが軽率に扱うとスマホの故障につながるので注意しましょう。おもにこのような注意が求められます。

トレイの金属面に触れない

SIMカードと設置する金属面に触れると汗や皮脂によって故障し、SIMを認識できなくなることがあります。少なくともきれいな手でSIMカードの取り外しと挿入をしてください。

電源を切ってからSIMカードを取り外す

電源を入れたままSIMカードを外すことも端末の故障につながります。SIMカードの入れ替えは電源を切って行いましょう。

SIMカードを挿入するときも慎重に

SIMカードの取り外しが終わったら新しいSIMカードを挿入します。新しいSIMカードを挿入するときも電源を切った状態で金属面には触れないように注意します。SIMがずれていると認識されないので丁寧に奥まで挿入してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です